熱物性ブログ ベテル ハドソン研究所

熱を使ったクラック・ボイドの非破壊検査。 薄膜・微小領域の最新熱伝導率測定方法。 熱と光でさまざまなニーズにお応えします。

熱物性ブログ ベテル ハドソン研究所 イメージ画像

その他の材料

どうもノグッチャンです。先日の展示会「エヌプラス2014」でご来場の皆様ありがとうございました。http://www.bethel-thermal.jp/event/index.html知っている方のブース訪問が意外と多くて「私も顔が広くなったな~」と勘違いしております。さて、前回で 「黒化膜の影響につ
『漆器に使われる天然素材 『漆』 の熱伝導率とその異方性の評価』の画像

こんにちはサーモマンです。先日東京ビッグサイトで開催された『国際ナノテクノロジー総合展・技術会議』 を見に行きましたが、同時開催の 『ENEX 2014』 と 『Smart Energy Japan 2014』 にも足をのばしてきました。エネルギーに関する展示会で、「地中熱を使った暖房」 や
『ウレタンフォームやグラスウールなど、断熱材料の熱物性測定の現状』の画像

こんにちは。サーモマンです。蒸し暑い日が続きますね。今日は、冷却ジェルシートはどれくらい「熱」を拡散させるのか? ということで、発熱時の熱さましに使う 『冷却ジェルシート』 の熱拡散率を測定しました。 『冷却ジェルシート』(こども用) 夏の必需品です。熱拡散
『冷却ジェルシートはどれくらい「熱」を拡散させるのか検証してみた。』の画像

こんにちは。サーモマンです。新しい年になりましたが、今年も頑張っていきたいですね。新年最初の記事は、超硬カッターナイフの刃の熱拡散率です。ある材料をカットする必要がありまして、特殊なカッターナイフの刃を入手しました。「所詮、カッターナイフだから大して変わ
『タングステンカーバイド系合金製の「超硬カッターナイフ」の刃の熱拡散率は?』の画像

こんにちは。サーモマンです。きょうは熱伝導グリスの話題です。みなさんご存知の通り、CPUの放熱のためには、金属や熱伝導率の高いセラミックスを使ったヒートシンクが使用されます。CPUの発熱をヒートシンクで放散させるわけですが、ここで問題になるのが、CPU(
『熱伝導グリスで見かけの熱拡散率はどう変化する?』の画像

↑このページのトップヘ