熱物性ブログ ベテル ハドソン研究所

熱を使ったクラック・ボイドの非破壊検査。 薄膜・微小領域の最新熱伝導率測定方法。 熱と光でさまざまなニーズにお応えします。

熱物性ブログ ベテル ハドソン研究所 イメージ画像

熱物性の話題

最近、ベテルではyoutubueチャンネルを始めています。ハドソン研究所でも熱にまつわる動画をアップしています。今回は、食品の熱伝導率を測ってみました。調理や保存にも食品の熱伝導率は重要です。こちらが、食品の熱伝導率の動画です。 

当社の山藤さんが、9月18日に開催されるアジア熱物性会議ATPC2022で学術発表を行います。https://www.atpc2022.org/program/index.html※会議に参加するためには参加申込(有料)が必要となります。詳細:ATPC2022 The 13th Asian Thermophysical Properties ConferencePrese

熱物性学会のフロントページコラムに、ベテルの記事を掲載いただきました。(トップページ右下です。)この機会に是非ご覧ください。※リンク先が変更になりました。(8/17)http://www.netsubussei.jp/column/Column_24.pdf

伝熱学会学会誌「伝熱4月号」にベテルの記事が掲載されました。著者は、羽鳥、山藤、粟野です。「多機能熱伝導率測定装置の開発」と題して、ベテルの主力製品のTAと新製品の定常法(SS-H40)の紹介がわかりやすく掲載されています。伝熱学会のホームページでご覧になれます

今回は熱流計法を紹介します。 保護熱板法は主熱板(ヒーター)で発熱した熱量をそのまま試料を通過する熱量としていましたが、熱流計法は試料を通過する熱量を熱流計で測定することが大きな特徴です。熱流計を試料の両側に設置する場合と試料の片側に設置する手法がありま
『定常法とその規格について②』の画像

何回かに分けて定常法とその規格について、紹介していきます。今回は保護熱板法です。保護熱板法は定常法の中でも標準的な測定法です。主熱板(ヒーター)で発生した熱量をそのまま試料を通過する熱量とします。主熱板の周囲を保護熱板(これもヒーターです。)で囲い、主熱
『定常法とその規格について①』の画像

↑このページのトップヘ