熱物性ブログ ベテル ハドソン研究所

熱を使ったクラック・ボイドの非破壊検査。 薄膜・微小領域の最新熱伝導率測定方法。 熱と光でさまざまなニーズにお応えします。

熱物性ブログ ベテル ハドソン研究所 イメージ画像

更新情報

当社ホームページ掲載測定例の第四弾です。 サーマルマクロスコープなら従来困難だった微小サイズ粒子も自在に測定できます。 粒子サイズは約100μmです。粒子はSiC(シリコンカーバイド)です。 SiCは次世代半導体材料(ワイドバンドギャップ半導体)、研磨用砥粒などに
『<微小領域> シリコンカーバイド(SiC)複合材料の熱伝導率』の画像

しばらく当社のホームページに掲載されております、 測定例をご紹介していきます。 サーマルマイクロスコープによる、 半導体レーザの電極部評価例を紹介します。 Au電極部の下にAl2O3の絶縁膜が存在する部分と そうではない部分がありますが、 サーマルマイクロスコープ
『【測定事例】 半導体レーザ 電極部の熱浸透率』の画像

前回のご紹介と同様に、 当社のサーマルマイクロスコープによる、 超伝導薄膜材料の評価例を紹介します。 ベテルホームページで紹介しております。 超伝導限流器用薄膜の評価ではあるのですが、 今回は、レーザを使用して模擬的な損傷を与えております。 結果は見事に熱的
『【測定事例】 超電導限流器用薄膜の熱的損傷を熱浸透率で評価』の画像

当社のサーマルマイクロスコープによる、 超伝導薄膜材料の評価例です。 ベテルホームページで紹介しております。 超伝導限流器用薄膜の熱浸透率評価例でして、 限流器とは事故時の過電流を抑制するもののようです。 この試料はMgO基板上の800nmの薄膜で、 熱的には非常に
『【測定事例】 超伝導薄膜の熱浸透率の分布評価』の画像

私たちが作業の中で使っている書籍類をご紹介の4回目です。 今回の書籍は、 「熱伝導率・熱拡散率の制御と測定評価方法」です。 (サイエンス&テクノロジー) 本書は、今までご紹介した書籍とは違い、 熱伝導率・熱拡散率を高めるための、 材料の設計方法をまず紹介して
『書籍紹介 熱伝導率・熱拡散率の制御と測定評価方法』の画像

私たちが作業の中で使っている書籍類をご紹介の3回目です。 今回の書籍は、 「新編 伝熱工学の進展 第3巻」です。 (編集:日本機械学会、養賢堂) 本書は伝熱工学の最新事例が掲載されたものですが、 私たちに深い関係があるのは「光学測定と熱物性」の、 「固体熱物性
『書籍紹介 新編 伝熱工学の進展 第3巻』の画像

↑このページのトップヘ