熱物性ブログ ベテル ハドソン研究所

熱を使ったクラック・ボイドの非破壊検査。 薄膜・微小領域の最新熱伝導率測定方法。 熱と光でさまざまなニーズにお応えします。

熱物性ブログ ベテル ハドソン研究所 イメージ画像

更新情報

弊社のサーマルマイクロスコープ及び サーモウエーブアナライザの共同開発者である、産業技術総合研究所の加藤 英幸先生が平成22年度第42回市村学術賞 貢献賞に選ばれました。 受賞者である加藤先生を中央に、右が先生の奥様、左はベテル副社長 鈴木 市村学術賞は、権

半導体素子には必ず熱雑音の問題が発生します。 たとえば最近のカメラはほとんどがデジタルカメラと なっていますが、 従来の化学的手法を用いた銀塩写真から、 半導体素子を利用した方法となり、 熱雑音の影響が避けられなくなってきています。 微弱光を検出する場合、 長
『撮像素子の熱問題を解決するには、高熱伝導材料の開発が重要?』の画像

最近は家庭用のLED電球も発売されまして、 目覚ましく普及しています。 みなさんご存知の通り、 白熱電球に比べて非常にエネルギー効率が高く、 次世代の照明として注目されていますね。 でも、LEDも発熱しますし、 熱に弱いです。 エネルギー効率が高いので意外な感じはし
『LEDを冷やすパーツ』の画像

以前もご紹介した、ダイヤモンドの測定ですが、 外形を気にせず測定できるのが大きな特徴です。 CVDダイヤモンドなど、 2インチの基板上に作成した後に 自立させた状態でも。 片状になったものでも測定可能です。 これは、サーモウェーブアナライザが、 高速で温度変化
『ダイヤモンド-外形を気にせず、熱伝導率を測定』の画像

↑このページのトップヘ