熱物性ブログ ベテル ハドソン研究所

熱を使ったクラック・ボイドの非破壊検査。 薄膜・微小領域の最新熱伝導率測定方法。 熱と光でさまざまなニーズにお応えします。

熱物性ブログ ベテル ハドソン研究所 イメージ画像

更新情報

2021年8月18日(水)10:00~17:00に、技術情報協会主催のライブ配信セミナーが開催されます。https://www.gijutu.co.jp/doc/s_108202.htm今回は、「熱伝導率測定の種類とメカニズム,用途別の選択法と使い方」ということで、私は最初の1時間程度を担当させて頂きます。私は、

皆様こんにちは。関東ではやっと梅雨入りしましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?7月30日、化学工業日報主催で、オンラインセミナーが開催されることとなりました。題名は、『各種材料の熱伝導率/熱拡散率測定技術の基礎』です。https://www.chemicaldaily.co.jp/sem

 ベテルで製造販売している熱物性測定機器のサーモウェーブアナライザとサーマルマイクロスコープは、試料に周期的に強度が変化するレーザー光を照射して、熱拡散率又は熱浸透率を測定する周期加熱法です。 試料内を伝わる温度変化は温度波と呼ばれ波と同様の取り扱いが可
『周期加熱法の特長』の画像

久しぶりのブログ更新になります。今回は基本に帰って周期加熱法で重要な熱拡散長について考えてみたいと思います。周期加熱法やフラッシュ法等の非定常法では、温度変化にかかる時間と距離の関係から熱拡散率を求めます。定常法と異なり、試料の温度が変化する様子を見て、
『温度変化の特性時間と非定常法』の画像

株式会社ベテルは熱物性シンポジウムに出展致します。 今年の熱物性シンポジウムはWEB開催です。共同研究者の発表も2件予定しております。カタログ展示は熱物性シンポジウムのホームページに掲載されておりますので、ご興味のある方はご覧ください。
『熱物性シンポジウムに参加及び出展します。』の画像

↑このページのトップヘ