熱物性ブログ ~熱伝導率測定のベテル ハドソン研究所~

熱を使ったクラック・ボイドの非破壊検査。 薄膜・微小領域の最新熱伝導率測定方法。 熱と光でさまざまなニーズにお応えします。

熱物性ブログ ~熱伝導率測定のベテル ハドソン研究所~ イメージ画像

その他の材料

TSIでLEDの温度変化を観察した画像です。 赤外線輝度(10μm程度)の観察が可能で、 マクロ撮影にも対応しております。 途中で通電をやめるとLED部分の輝度が 低下することがわかるでしょう。 当社の熱伝播検査装置TSIは、 クラック・ボイドの可視化のみならず、

TSIで集積回路の半田付け不良箇所を可視化した事例です。 擬似的に半田付け不良箇所を作成し、 TSIで観察しています。 不良箇所のピンで熱伝播が妨げられていることがわかります。 当社の熱伝播検査装置TSIは、 クラック・ボイドの可視化ができる装置で

前回のご紹介と同様に、 当社のサーマルマイクロスコープによる、 超伝導薄膜材料の評価例を紹介します。 ベテルホームページで紹介しております。 超伝導限流器用薄膜の評価ではあるのですが、 今回は、レーザを使用して模擬的な損傷を与えております。 結果は見事に熱的
『【測定事例】 超電導限流器用薄膜の熱的損傷を熱浸透率で評価』の画像

↑このページのトップヘ