熱物性ブログ ~熱伝導率測定のベテル ハドソン研究所~

熱を使ったクラック・ボイドの非破壊検査。 薄膜・微小領域の最新熱伝導率測定方法。 熱と光でさまざまなニーズにお応えします。

熱物性ブログ ~熱伝導率測定のベテル ハドソン研究所~ イメージ画像

セラミックス

今回も引き続き熱電発電材料のひとつであるチタン酸ストロンチウム/SrTiO3の測定事例の紹介です。 今回の測定事例は弊社で入手したチタン酸ストロンチウム/SrTiO3の測定紹介です。 測定したのはフルウチ科学製片面鏡面状態のサンプルです。 当社のサーモウエーブ

今回は熱電発電システムに用いられる材料のひとつであるアルミナ/Al2O3の測定事例の紹介です。 今回の測定事例は弊社で入手したアルミナ/Al2O3の測定紹介です。 お客様からのアルミナ/Al2O3測定依頼実績はかなり多いのですが、守秘義務上、公開できません

当社ホームページ掲載測定例の第五弾です。 従来はフィラー単独の熱伝導率測定は不可能でした。 フィラー単独の熱物性値管理が可能です。 さらなる熱伝導性向上に必要不可欠なデータが得られます。 このデータの意味するところは、 品質向上や熱伝導性向上に対する、 フ
『<微小領域> 樹脂中に埋め込んだフィラーの単独の熱伝導率測定』の画像

当社ホームページ掲載測定例の第四弾です。 サーマルマクロスコープなら従来困難だった微小サイズ粒子も自在に測定できます。 粒子サイズは約100μmです。粒子はSiC(シリコンカーバイド)です。 SiCは次世代半導体材料(ワイドバンドギャップ半導体)、研磨用砥粒などに
『<微小領域> シリコンカーバイド(SiC)複合材料の熱伝導率』の画像

超硬工具はタングステンカーバイド(WC)にコバルトを含有した、 超硬合金で作成されますが、 さらに性能を高めるために、 TiN, TiC, AlN, DLC等のコーティングを施すそうです。 従来これらのコーティング層の熱物性値を測定することは、 非常に難しかったのですが、 株式会社
『【測定事例】 超硬工具コーティングの熱伝導率 ライン分析』の画像

↑このページのトップヘ