熱物性ブログ ~熱伝導率測定のベテル ハドソン研究所~

熱を使ったクラック・ボイドの非破壊検査。 薄膜・微小領域の最新熱伝導率測定方法。 熱と光でさまざまなニーズにお応えします。

熱物性ブログ ~熱伝導率測定のベテル ハドソン研究所~ イメージ画像

セラミックス

こんにちは。テツです。梅雨前のさわやかな季節、スポーツするには良い季節ですね。ただし、すでに夏日になるほどの暑さ、加えて紫外線は強いので、体調管理と肌のケアは十分に注意しましょう。今回は、セラミックスの1種である「ベリリア」を測定する機会がありましたので
『回路基板に使用される、セラミックス 『ベリリア』の熱拡散率を測定』の画像

こんにちは。サーモマンです。我が家の自由研究は本日やっと終わりました。小学一年生の手伝いですが、最近の小学生は、ノート、論文、掲示物を提出させるのですね。結構大変でした。皆さんはいかがですか?さて、当社の測定技術の売りの一つとして、マクロとミクロ両面の熱
『【フィラー単体の熱伝導率測定も可能】 マクロとミクロ両面の熱物性』の画像

パワーデバイスは大電流を扱うため発熱が大きく、放熱がますます重要になっています。通常の半導体デバイスでは、プリント基板にガラスとエポキシ樹脂の基板を使うようですが、放熱性の観点からは不十分な場合があります。特に信頼性の必要なデバイスでは、熱伝導率の高いセ

今回はイットリア安定化ジルコニア(YSZ)の測定結果です。「ジルコニアを元とした酸化物で、酸化イットリウムを添加して、室温下でのジルコニアの結晶構造を安定化させたもの。」だそうです。用途は、耐火物、電気伝導性セラミックス、固体酸化物形燃料電池 (SOFC)製品の

アルミナフィラーの測定事例をご紹介します。 アルミナフィラーは、 樹脂に充てんすることで、 絶縁性を保ちつつ熱伝導性を高めるなど、 樹脂に機能性を付与することができます。 今回は、 電気化学工業株式会社様ご提供の試料を サーマルマイクロスコープで評価いたしまし
『【測定事例】 アルミナフィラー単体の熱伝導性の評価』の画像

↑このページのトップヘ