熱物性ブログ ~熱伝導率測定のベテル ハドソン研究所~

熱を使ったクラック・ボイドの非破壊検査。 薄膜・微小領域の最新熱伝導率測定方法。 熱と光でさまざまなニーズにお応えします。

熱物性ブログ ~熱伝導率測定のベテル ハドソン研究所~ イメージ画像

その他

みなさんこんにちは。サーモマンです。先週まで、ハドソン研究所のビックイベントテクノフロンティア2012に参加してきました。↓私たちが参加したのは、その中の熱設計・対策技術展ですので、ベテルは金型、成形、熱伝導率測定、シミュレーション、熱設計の一貫したサー
『テクノフロンティア2012出展報告』の画像

昨日は、つくばのエキスポセンターに行ってきました。息子にプラネタリウムを見せてあげたかったのですが、ついでに、各種の展示も見てきました。熱関係の展示はそれほどないですね。分かりづらいのでしょうか?確かに高校までの、理科教育の中で熱に関するものは非常に少な
『炭素系材料にレーザー照射したときの試料の温度分布』の画像

当社の成形部門およびグループ会社のベテル精工では、今注目の高熱伝導性樹脂(高熱伝導性樹脂の測定)を使用したプラスチック部品を取り扱っております。当社の金型・成形技術と、ハドソン研究所の熱物性測定技術を融合し、金型~成形~熱伝導分布の測定まで、一貫して対応
『高熱伝導性樹脂を使用したプラスチック部品』の画像

最近は特に趣味的なものでは、金属の質感が見直されているようです。例えば、カメラの世界ですが、1970年代以前はほとんど金属で作られていましたが(真鍮やアルミニウムと思います)1980年代以降のちょうどオートフォーカス化以降から、プラスチックがどんどん使われるよう
『高級感と熱物性の仮説と熱浸透率』の画像

久しぶりにちょっとした買い物をしました。↓カメラのレンズ用フードです。最近のは花形フードと言って、単純な円筒形ではなくて画角に合わせて長さが違う複雑な形状をしています。片側には偏光フィルターを回転させる窓もついています。そんな理由もあって、プラスチック射
『カメラのレンズフード』の画像

↑このページのトップヘ