こんにちは、アワノッチです。
お久しぶりです。半年ぶりにブログを書きます。

展示会でお客様とお話しをしていると、
「非破壊で基板内の欠陥を見つけたい」
「成形品内部の欠陥を見つけたい」
などの要望が多いです。

そこで今回は、「 “熱” で材料内部の欠陥観察!」ということで、
モリブデン円板を使って『材料内部の欠陥観察』の実験をしてみたいと思います。

モリブデン円板のサイズは、φ50 × 3 mmt。
表面は平坦ですが、裏面には凹凸があります。


モリブデン円板_表面モリブデン円板_裏面

表面からは、裏面の凹凸を目視確認できません。

では、この凹凸を「内部の欠陥」に見立てて、
表面から凹凸を見ることができないか試してみます。


使用する装置はTSI-2
http://www.bethel-thermal.jp/specification/03/index.html




モリブデン円板の表面を、半導体レーザで周期加熱し、
赤外カメラで録画したデータを動画処理すると・・・

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

<位相分布>
モリブデン円板_赤外カメラ画像

凹凸の輪郭がくっきりと見えています。


観察範囲内の欠陥部分と思われる箇所とも、ぴったり一致しました。

1 - コピー-3



 “熱” で「材料内部の欠陥」を観察することができた、と言えると思います。




これができると、じゃあ次に、
「どれぐらいの大きさ(深さ)の欠陥が見えるのか?」という疑問が出てきますが・・・
 
この実験はまだ始まったばかりなので、今日はこれくらいで。
実験が進み次第、またブログで報告させていただきます。

以上、アワノッチでした。



(著:アワノッチ)